集中力であがり症は治せる!!

話し上手になる!あがりの原因から本番対策まで!

考えることで、集中力はつく!!

集中力の特性


集中力の特性を書いてみましたが、
なんとなく、特徴がつかめたでしょうか。

集中力の特徴は、興味のあることに、勝手にむいていき、
興味が深まると、好奇心となり、
「やる気ホルモン」まで分泌して、
深く深く、集中していく。

気分次第でコロコロと変わっていく。

なんとも付き合いにくい自分勝手な相手のようでした。
そんな付き合いにくい相手なら、
集中力をつけることは、諦めてしまいそうになったでしょうか?

しかし、まだ、諦めるのは、早いです!
ひとつ提案したいことがあります。
それは、「考える」ことです。
考えることで、集中力はつけることができます。

「集中力を育てるピアノファーストレッスン」(原田敦子著)
と言う本があるのですが、最初のページを開けると、
「ミミミ」と三個簡単な音符が並んでいます。
これを「チョー簡単!」と、ただ「ミミミ」と鳴らすと、
まぁ音は、なりますが、鳴っただけで、音楽にもなりませんし、
集中力もつきません。
原田敦子先生はこうおっしゃいます。
「最初のミは、どんな音で弾こうか?」
そこで、子供は「考えます」

「次の音は、今の今の音より、小さく弾いてね。」
すると、子供は小さく弾こうと、考えます。
そして、音にとても集中します。
そうです。
考えることで、集中力が、つくのです。

何事でも、そうです。
スピーチをするときも、どんなトーンで話そうか。
どこで、間を持たせようか。
と、考えれは、その原稿に集中することが出来ます。

このように、考えることで、
興味の対象を作ることができ、
集中力を自分の集中したいことに、合わせることができるのです。

ただ、緊張して、怖い。
あがってしまう事だけ考えていると、
集中力の興味は、あがっていることだけに向いてしまいます。

どんな風に話すか。
を考えることで、興味の対象を違うところへ向けることができるのです。


■毎日の練習の細事については、
こちらの体に効くクラシックをご覧ください
http://www.iinaa1.net/
ピアノを習うと頭が良くなる? (体に効くクラシック音楽)

■成長ホルモンを活性化することにより、
肉体も心も若返り、不安や困難なことに立ち向かう気持ち
闘争心が沸いてきます。集中力もまします。
10代の若い精神を取り戻すことが出来ます!
成長ホルモンで若返る!

成長ホルモンを活性化するグルタミン酸は、
知能を高め、頭をよくする作用、痴呆を予防する効果が期待されています。
こちらをご覧ください。
脳に作用するグルタミン酸 (若返りホルモン)

■トマトに含まれている鉄分は、
鉄分不足による貧血予防効果かせあります。
口内炎、低血圧を予防します。
貧血になると、集中力も低下します。
トマト貧血予防効果  (トマトランド)

■ストレスによるイライラが続いて集中できないときは、
ビタミンCやカルシウムを多めにとることをおすすめします。
人参のCや鉄分は、貧血や冷え性、低血圧、虚弱体質、
病後の回復などが期待できます。
(人参のビタミンCには抵抗力をつけ、疲労回復の作用があります。)
にんじんで貧血予防  (にんじん百科)

■色による集中力・リラックス効果は、
こちらを参考にしてください。
リラックス・集中力を高める色は? (好感度をあげ成功する!色彩心理学)


<考える力をつける本>



↑ PAGE TOP